地養卵はどんな卵?

地養卵はトップページでもご紹介のように、全くの自然の飼料(地養素)で育った地養鶏が生んだ卵です。他の特殊卵はその卵に含まれる成分(ヨード、DHA、カロチン等)を強調していますが、この地養卵は「地養素」と呼ばれる飼料を与えることによって鶏の体内の整腸作用を、健康な鶏から生まれる卵です。皆様の地養卵に対するご質問で一番多いのが、これらの内容なのですが、ちょっと判りづらいのかも知れません。そこでこのコーナーでは地養卵に関する情報を皆様に公開いたします。ご質問等がありましたら、こちらまでどしどしお寄せ下さい。

地養素について

日本古来よりおこなわれている炭焼きの煙からとれる貴重な副産物のメ木酢液モを主原料とした混合飼料です。木酢液に沸石(ゼオライト)と海藻、ヨモギをミックスさせた「地養素」をとうもろこしが主体の一般飼料に混ぜて鶏に食べさせます。一般の飼料がごはんであれば、「地養素」はサプリメントといったところになりますね。

あまみとコクについて

木酢液や海藻、ヨモギに含まれるおよそ300種類におよぶ有機酸、アミノ酸、その他の有効成分による相乗効果で卵に含まれる還元糖が通常より多くなり、あまみとコクをだしています。

※還元糖とは糖質の中の単糖類(ブドウ糖、果糖)と一部の二糖類(麦芽糖、ショ糖)をいいます。鶏卵の糖はブドウ糖(グルコース)がほぼ100%で、ブドウ糖は甘味物質の尺度の基準物質であるショ糖(スクロース)の75%の甘味度です。

生臭さについて

消臭のメカニズムは、木酢液中に存在する微量の金属元素が、体内で体温の介在により、臭気物質を無臭の物質に分解してしまう、いわゆる「触媒」の働きをするものと考えられます。従って生臭さの主成分と云われるアンモニア・アミン臭は“地養素”を与えることにより、ほとんど無臭となって非常に食べやすくなります。

木酢について‥

木酢とは200年以上前から民間薬のひとつとして幅広く活用されています。飲み薬としてはクレオソートの原料として二日酔いや食欲不振、更年期障害などに、また塗り薬としては水虫や皮膚疾患、火傷用などに効果があるとされています。 消臭のメカニズムは、木酢液中に存在する微量の金属元素が、体内で体温の介在により、臭気物質を無臭の物質に分解してしまう、いわゆる「触媒」の働きをするものと考えられます。従って生臭さの主成分と云われるアンモニア・アミン臭は“地養素”を与えることにより、ほとんど無臭となって非常に食べやすくなります。

卵黄の色について

卵黄の色はカロチノイド色素によるもので、地養卵の飼料の主成分であるトウモロコシにパプリカを加えることにより、通常の卵黄より濃い色になっています。生食ではもちろん、調理をしてもこの鮮やかな黄身の色がお料理をよりいっそう美味しそうに演出してくれます!