品質管理体制

安全な卵をつくるために…

愛知県新城市にあるテクニカルセンター(TC)を中心に、一貫した細菌検査の総合チェックシステムで徹底した管理を行っています。鶏の種卵の段階、各育成・成鶏農場、出荷の段階におけるまで、サルモネラ菌やその他細菌の厳しい管理・チェックを受けています。こうしたすべての検査を通り抜けた新鮮で安心な卵を、自信を持って皆様の食卓にお届けしています。


愛知県新城市のテクニカルセンター

HACCP管理システム

HACCPとはもともと宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の品質管理手法です。食品の製造工程全般を通じて「危害の発生原因を分析」し、「重要管理事項」を定め、より一層の安全確保を図る科学的管理法式です。

健康な鶏の育成と、出荷までの鶏卵における最近外部汚染へのシステム対策

汚物・迷入 導入 飼料 環境

サルモネラ・フリーの導入雛
(ヒヨコのみ・サルモネラ菌検出なし)
サルモネラ・フリーの飼料
1.飼料・原料の汚染防止対策
2.製造~給与までの汚染防止対策

環境コントロール
1.ネズミの完全駆除
2.歓喜量の増加
3.ウィンドウレス鶏舎
4.鶏舎の水洗・消毒
水質汚染の防止
飼育管理

検査・研究・指導

インエッグ対策

おもに健康な鶏を育成することを目的としたものです。鶏の健康状態(ストレス・体力・免疫力など)と生活状態(摂食・摂飲量など)を管理し、鶏の腸内細菌バランスを保ちます。

オンエッグ対策

鶏卵が産まれて出荷されるまでの細菌外部汚染への対策システムです。洗卵、乾燥、パッキングなどの行程ごとにオゾン水、オゾンガスなどによる滅菌処理が行われています。